2014年4月17日

感情は悪者じゃない

セドナメソッドは感情を解放するメソッドなので、誤解されてしまうことがあるかもしれませんが、感情は決して悪者ではありません





セドナメソッドをやっていると、感情を解放するというよりも「排除」しようとしてしまうことがあります。


「こんな感情があるから自分は不幸なんだ!一刻も早く排除しなくては」といった感じです。


たいていの場合、感情を「排除」しようとするとますます上手くいかなくなります。「排除」しようとすることで、その感情に対する抵抗、憎悪、あるいはコントロールしたいという欲求が生まれ、その感情をより強く握りしめてしまうことになるからです。


こんな時にはまず「排除したい」という思いを手放しましょう。その感情を感じたくない、嫌いだ、どうにかしたいという思いかもしれません。まずはそういった思いを手放してみましょう。


感情はあなたを苦しめるためにわいてくるのではありません。感情に対して何かネガティブな思いがわいてきたら、まずはそれを手放してみましょう。




そしてどんな感情がわいてきても、排除しようと力むのではなく、まずは一旦「受け入れる」姿勢をとってみてください


すぐに受け入れられなくても構いません。「あぁ、自分は受け入れたくないんだな」と気づくことも大きな一歩になります。

0 件のコメント:

コメントを投稿