2014年4月25日

プレッシャーを手放す

何かの試験や面接のとき、期日までにやらなければいけないことがあるときなど、私たちは人生の様々な場面においてプレッシャーを感じます。


ここではそんなプレッシャーを手放すコツを書いていきます。




プレッシャーを手放すコツは、プレッシャーに対する抵抗を手放すことです。


プレッシャーは文字通り、押さえつけられるような感じです。私たちは何かに押さえつけられていると感じたとき、自然とそれに反抗したくなるでしょう。その反抗する感覚が「抵抗」です。


抵抗は結構やっかいなもので、抵抗すればするほどその対象を強く握りしめてしまい、より強化してしまいます


緊張しないように、しないように、、と思っていると逆にガチガチに緊張してしまった、なんて経験はありませんか?


それは、緊張に対して抵抗してしまっているため、ますます緊張を強めてしまっているといういい例です。


なので、何かプレッシャーを感じたら、まずはそれに対して抵抗している感覚を手放してみましょう




抵抗を手放すと、プレッシャーそのものを感じなくなることもありますが、たいていの場合その感覚を上手く受け入れられるようになります


プレッシャーが、程よい緊張感に変わるといってもいいかもしれせん。適度な緊張感を持つことで作業効率が上がったり、普段出せない力を出せるようになったりします。


抵抗を手放すことでプレッシャーを程よい感じに変え、より上手く使いこなせるようになります。ぜひお試しください。


0 件のコメント:

コメントを投稿